酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
定休日
当日発送は午前9:00までの受付
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
  • 南方超辛口純米 無濾過生原酒 1.8L

南方(世界一統)和歌山県

東一(五町田酒造)酒蔵

「世界一統」は、2代目南方常楠の時代(明治40年)に名づけられました。 早稲田大学の創立者であり、 第8・17代内閣総理大臣をつとめ、歴史に名を残した大隈重信侯に常楠が師事したことより、侯が紀州高野山に参詣の折、 酒名の選定をお願いしたものです。 気宇壮大な侯は「世界を統一」する「酒界の一統」たれといった意味より、ここに「世界一統」と命名されました。

なお大正15年まで会社組織を「南方酒造株式会社」としておりましたが、のち昭和46年に社名を酒名と同じ 「株式会社世界一統」に変更し、現在にいたります。 知の巨人ともいわれ、世界の植物学(とくに粘菌類)や民俗学に大きな業績を残し、又世界遺産に登録された熊野の森を 守った南方熊楠(みなかたくまぐす−1867〜1941)は、世界一統の創業者である南方弥右衛門の実子にあたります。 初代南方弥右衛門が紀州侯の米蔵だった土地建物を譲り受け、酒造業を創始いたしました。 戦災により蔵は全焼しましたが、復興し現在まで続く和歌山の老舗の蔵に。 代々酒造業を営み今は6代目にあたります。 世界一統は生物学者、民族学者でもあった南方熊楠ゆかりの蔵ともいえます。 創業以来、世界一統は満足していただける商品の開発に向け諸先輩方から受け継いだ技術の技に加え、先進的技術を導入し良い酒造りに徹しています。 スローガン「うまさの先へ」は酒造りに挑戦し続ける世界一統の情熱であり、「食」の未来を見つめる世界一統の姿勢。 その姿勢が買われ、独立行政法人酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会において平成16年より4年連続金賞受賞の栄誉を受賞しました。

 

トップ > 南方(世界一統)和歌山県

全7件