酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
定休日
当日発送は午前9:00までの受付
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
  • 龍宮 30度
  • 龍宮 まーらん舟 25度

龍宮(富田酒造場)鹿児島県

富田酒造場

創業は、奄美群島の日本復帰に先立つ1951年(昭和26年)。

蔵は、かつてオランダの館があった事から蘭館山と名付けられた山の麓、江戸末期に英国人技師を招いて建設した 白糖製造工場跡地にあります。富田酒造場は、焼酎蔵の中でも極めて生産量の少ない蔵元で、 蔵の外観も焼酎工房といった雰囲気の佇まいです。

日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ)から沖縄に渡来したのが始まりとされています。 沖縄で泡盛として親しまれ、その後奄美、九州を経て全国に広がっていきました。 奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、 現在の黒糖焼酎を生み出しました。その実績が評価され、昭和28年、奄美群島がアメリカから返還された際に、 黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)だけに認められる こととなり、奄美の特産品として広く知られるようになりました。



トップ > 龍宮(富田酒造場)鹿児島県

全6件