酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
定休日
当日発送は午前9:00までの受付
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 
  • 銀河鉄道

銀河鉄道(千代の亀酒造)愛媛県

銀河鉄道(千代の亀酒造)酒蔵

千代の亀酒造の始まりは享保初年(1716年)にまで遡ります。
初代当主、亀岡久平によって造られた亀岡酒造(現・千代の亀酒造)は、昭和23年に合資会社となります。
昭和の中期に入った頃、蔵を構える現内子町に存在する地酒屋は、千代の亀酒造のみを残すところとなりました。
そして昭和42年、九代目、徹(あきら)が当主を引き継ぐと、ここから千代の亀酒造は大きな転換期を迎えることになります。


銀河鉄道(千代の亀酒造)酒蔵 旧来の千代の亀酒造の姿勢に対し批判的だった徹は、「本物」の酒造りにこだわり、純米吟醸酒の製造に取り掛かります。
徹が取り分け力を注いだのが、お酒本来の味を楽しむことができる生酒。
来る昭和60年、現在にまで続く長期熟成凍結酒「しずく酒」、更に昭和62年には「銀河鉄道」が誕生しました。
平成初期は若者の間での日本酒離れに伴い、廃業への道を歩むことになりますが、地元産業を
残さなければならないという、 当時の県議会議員の思いから、支援を受け、持ち直します。
現在では、無農薬、減農薬にこだわった米つくりを契約農家と協力し行い、よりよい熟成を行
うために、 また衛生面のためにも冷房設備を完備。
海外においても注目されている凍結酒は、千代の亀酒造の顔とも言えるお酒で、 非常に愛されるお酒となっています。(蔵元資料より一部引用)

トップ > 銀河鉄道(千代の亀酒造)愛媛県

全3件