酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

OFFICIAL SNS
facebook_side_pc

instaglam_pink_side_pc

line_sike_pc

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
年始休暇・定休日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
定休日
未成年者飲酒禁止
 

  • 伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様
  • 伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様
  • 伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様
伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様 伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様 伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様

伯楽星が繋ぐコロナ禍応援酒のバトン
ハッとする程心地よく澄んだ味わい!!

伯楽星 顔を上げ 少しずつ前へ 特別仕様 720ml

配送方法について:
こちらの商品は、 配送方法はクール便を推奨しています。

商品番号:13094

価格:\1,650 (税込)

購入制限:なし

品切れ

富山県の満寿泉から始まった「コロナ禍応援酒」。ラベルに込められたメッセージを
引き継ぎ、また次の蔵へとバトンをつないでいくプロジェクトです。
新澤醸造店「伯楽星」が引き継いだバトンとして、ひとめぼれ・蔵の華をブレンドした特別仕様の純米大吟醸が入荷しました。


『 まだ先が見えないコロナ禍、
いろいろな混乱だらけです。
悲しいこと、めげること、山のように。
ですが、少しずつ顔をあげ、
少しずつ、少しずつ前へ進んでいきたい。』

ラベルに書かれたメッセージの通り、お客様と共にこのコロナ禍を乗り切っていきたいという蔵元様からの想いが込められたお酒。

穏やかな口当たりと程よい酸は、食中酒としてもおすすめ。
ふと顔を上げると目に映る青空とひこうき雲のように、爽やかな香り、ハッとする程
心地よく澄んだ味わいとキレを、ぜひお楽しみください。
 

愛宕の松・あたごのまつ(新澤醸造店)

使用米:ひとめぼれ、蔵の華  磨き:50%

愛宕の松・あたごのまつ(新澤醸造店)

明治6年創業(1873年)。所在地は宮城県大崎市三本木。
地元で親しまれてきた「愛宕の松」は、『荒城の月』の詩人、土井晩翠が詩に詠むほど愛飲していたお酒でもありました。
2001年には特約店限定銘柄である「伯楽星」を発表。
全国で注目を浴びる銘柄となりました。
2011年に起こった東日本大震災で蔵はほぼ全損壊。
元あった蔵元から約70kmほど離れた蔵王山麓に蔵を移転。その翌年には製造を再開。
2018年9月には女性杜氏、渡部七海さんが製造現場を束ねられています。