酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

OFFICIAL SNS
facebook_side_pc

instaglam_pink_side_pc

line_sike_pc

2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
未成年者飲酒禁止
 
  • 新酒・しぼりたて特集

  • 年に一度の「しぼりたて・初しぼり」


    しぼりたて


    外の空気が寒くなりだす頃、新たな醸造年度(7/1-6/30まで)内に醸された出来立てホヤホヤのお酒が登場します。 いくつかの定義があるのですが、分かりやすく言うと「その年度内に出来た最初のお酒」だということ。 新酒は「しぼりたて」や「初しぼり」などととも呼ばれます。 「しぼりたて」の魅力は、なんといってもフレッシュさ。 その出来立てのフレッシュな味わいを損ねないよう、基本は生酒にて出荷されます。 そして使われるお米は新米。しぼりたてはその年のお米の出来を知る大切な味わいとして「和製ボジョレーヌーヴォー」などと比喩されることもあります。



    新酒の味わい・特徴


    しぼりたて


    しぼりたて、その言葉通り出来立てホヤホヤの躍動感溢れる味わい。 瑞々しくフレッシュ、米のほのかな旨みが楽しめます。 また熟成させずの出荷となるため、心地よい苦さや、荒さとも言えるほどの若さある味わいはやはり新酒だけの特権。 風味を感じるという意味では季節酒の中でもナンバーワンかもしれません。



    冬に美味しいにごり酒


    にごり酒


    にごり酒は、酒袋から液体を搾り出す際あえて目の粗い袋(またはフィルター)を使うことで、液体中に澱(おり)が残った状態のお酒のこと。 「にごり酒」の他にも、「うすにごり」「おりがらみ」「かすみ酒」などと表記されることがあります。 澱の多少はありますが、基本的にはすべて「にごり酒」の仲間です。透明な普通の日本酒と違い、ほんのり乳白色をしています。 日本酒は銘柄によって甘口、辛口があり、全般的にはスッキリとした味わいですが、にごり酒は、濃厚でどっしりとした飲み口が特徴。 澱を多く含むことから、米本来の芳醇な香りと味わいを、より深く感じられます。 さらにその中でも、火入れをせず、酵母が生きたままの状態で瓶詰めしたにごり酒を「活性にごり酒」といい、酵母による発酵の発泡感がたのしめるのも特徴です。 まずはじめに澱をそのままに上澄み部分を飲み、その後澱をたっぷり絡めて飲むのがツウの飲み方。ぜひお試し下さい。



    新酒・しぼりたてページヘ



    トップ > 新酒・しぼりたて説明